骨粗鬆症は防げる!

#骨粗鬆症 #抗生剤 #教えて桂子先生

骨粗鬆症を防ぐために

 骨粗鬆症は、骨折の原因となるため、ぜひ防ぎたい病気です。

 特に女性は、閉経後に急激な骨密度の低下が起こるため、65歳以上の方はぜひ毎年検査をしましょう!


・予防にはカルシウムの摂取が重要です。

 乳製品(牛乳、チーズ、ヨーグルト)は効率よくカルシウムを摂取できます。

 丸ごと食べられる魚介類(マイワシ、シジミ、干しエビなど)や大豆製品(納豆、豆腐など)もよいでしょう。


・カルシウムは吸収率が悪い栄養素です。

 吸収を高めるにはビタミンDの摂取が効果的です。

 シラス、マイワシ、サンマなどの魚に多く含まれます。

 また、ビタミンDは日光浴により皮膚でも作られます。

 夏なら木陰で30分、冬なら1時間程度、外で日に当たる時間を作るとよいでしょう。


・1日のうち9時間以上は座っている人は、骨折しやすくなるというデータがあります。

 一日じゅう座って過ごすことは避け、散歩に出かける時間を作るなど、体を動かしましょう。

​© 2020 by Ishikawa gekanaika Clinic Wix.com