肺炎球菌ワクチンについて

#肺炎球菌 #ワクチン #ニューモバックス #プレベナー #教えて桂子先生

肺炎は予防できる!

 肺炎は高齢者がかかりやすい病気であり、肺炎で亡くなる方の97%が65歳以上と言われています。

 ワクチンを接種することで、全てではありませんが、主な肺炎の原因菌の予防をすることができます。


成人の肺炎球菌ワクチンには2種類あります。

 肺炎球菌ワクチンは、65歳になると鴨川市から助成金制度を受けられる「ニューモバックス」というものが有名ですが、もう一種類「プレベナー13」というワクチンがあり、両方受けることで、より高い肺炎予防効果が得られます(ただし、鴨川市の助成金はありません)。※2019年4月現在

 まず「ニューモバックス」を接種して、一年以上経ってから「プレベナー13」を接種するのがお勧めです。

 受診の際に医師にご相談下さい。

​© 2020 by Ishikawa gekanaika Clinic Wix.com