インフルエンザとワクチン

#インフルエンザ #ワクチン #小児 #高齢者 #教えて桂子先生

インフルエンザについて

発熱・風邪症状・関節痛などの症状が出るのは、有名ですが、特に小児やご高齢の方では、肺炎・脳症・中耳炎などを合併することがあり「かからないようにする」ことが大切です。

ワクチンについて

インフルエンザは、毎年、流行する型が異なるため、毎年ワクチンを接種しなおす必要があります。接種により発病が60%減少すると言われています。ご自身の発症予防はもちろん、身のまわりにお子さんやご高齢の方がいらっしゃる方は、その方々を守るためにも、皆さんでワクチンを接種するのが効果的です。

​© 2020 by Ishikawa gekanaika Clinic Wix.com